マーケットアクセスとは?

日本ではPMDAでの承認を受けた、ほぼすべての医薬品、医療機器が保険償還を受けてきました。しかし、毎年膨らむ医療費と益々高額になる革新的な医薬品、医療機器の出現によって、すべての製品が難なく保険償還を受けられない可能性も出てきました。

最適な薬価や保険償還の環境を準備できなければ、開発にかけてきた努力が生かされません。最高の状態での市場参入を可能にするための、様々な意思決定者との関わりをマーケットアクセス活動と呼んでいます。


サービス

我々は、すべての製品がローンチ計画の一環としてマーケットアクセスの準備をすることが望ましいと考えています。一般的なマーケットアクセスリサーチには、意思決定者マッピング、保険償還環境のリサーチなどがあり、考えうるアクセスルートやビジネスへのインパクトなどを明らかにします。国や疾患エリアによって意思決定者やアクセスの障害となっているものが異なるので、製品ごとにマーケットアクセス活動が必要となります。

日本は医薬品・医療機器において、世界で2番目に大きな市場として注目されます。しかし近年、医療費の高騰などを背景に、急速にマーケットアクセス環境が変化しています。医師や医学的見地からの知見のみでなく、その他の医療者、患者、家族、保険組合や国などの支払い機関など、様々な意思決定者の意見や意向がますます重要視されるでしょう。最新の医療政策の動向も我々のリサーチの中に含まれます。

最終的にお渡しするリサーチの結果を含めたご提案は、予算やタイムラインに沿った現実的なものを心がけています。状況に合わせて選んでいただけるよう、幾つかのご提案をお渡しいたします。


プロジェクト例

Step 1: マーケットアクセスリサーチ

期間: 約2ヶ月

プロセス:

  1. 意思決定者マッピングと重要項目リスト
  2. 価格と保険償還環境
  3. 政策アップデート
  4. マーケットアクセス戦略の提案
  5. リサーチ結果と提案の社内プレゼンテーション
  6. 提出物: 意思決定者と重要項目リスト。保険償還項目や提案などを含むサマリースライド(20ページ)。 

 

Step 2: マーケットアクセスプロジェクト

期間: プロジェクトによる

  • エキスパートインタビューまたはアドバイザリーボード
  • 価格戦略
  • 医療経済エビデンスの構築

 

いただいた情報やデータは厳密に管理され、プロジェクトの外で参照されたり使用されることは一切ありません。

 

詳しくは費用対効果分析のページチームのページをご参照の上、お問い合わせください。1時間の無料会議を設定して、内容をお聞きし、企画書を作成いたします。